「 赤ちゃんができない ・・・」

一生懸命、子作りをしても妊娠しないって、ホント焦りますよね。

特に女性は年齢の関係がありますし、できるだけ早めの妊娠が好ましいです。出産は年齢がいくと危険度が増しますし、赤ちゃんへの影響もありますからね。高齢出産ともなれば、母体だけじゃなく、赤ちゃんへのリスクも高まります。

なので、子作りを一生懸命しようと焦る人も少なくありません。
でも、大丈夫です。

実は、子作りにはちょっとしたコツがあるです
このサイトでは、子作りして妊娠するためのコツを紹介していきます。

子作りコツを3つ教えます!

SPONSORED LINK

子作りのコツは掛け算

子作りのコツは3つあります。掛け算で組み合わせることが子作りのコツです。

子作りは一人ではできません。男性ひとりでも、女性ひとりでもできません。必ず、男性の精子があって、それを受け入れる女性がいて、はじめて子作りができる環境が整うのです。それに加えて、タイミングというのもあります。

つまり、子作りのコツは、以下の3つの掛け合わせで成功するというわけです。

  1. 男性の精子の量
  2. 受け入れる女性の体
  3. タイミング

これらを掛け算することで、子作りの成功度が高まります。
それぞれ詳しく解説していきますね。

コツ1,男性の精子の量をアップ

まず、子作りに必要なのは『男性の精子』です。その精子には子作りに必要な量があるのですが、現代の男性はその精子の量が少ないといわれています。妊娠できない原因の第一に取り上げられるのが、この精子の量の少なさなのです

しかし、精子の量は増やすことが可能です

その方法は、精力アップする食材を積極的に摂取することです。
代表的な食材がやはり『ニンニク』。

ニンニクは古来より精力剤として食べられてきました。エジプトのピラミッドをつくる時にも、疲労回復や活力アップのためにニンニクが食べられていたといいます。あの巨大なピラミッドをつくるほどの重労働にも耐えられる位、ニンニクはパワーをもっているのです。ニンニクが現代でも精力剤として食べられているのは、昔の知恵というわけです。

さて、そんなニンニクですが。正直、臭いですよね。ニンニク1片を食べただけでも、1日中臭くてかないません。とくに子作りには、パートナーとの愛の営みが必要ですから、男性がニンニク臭をしていたらムードも台無しです。子作りどころではありません。

でも、大丈夫。

実は、全く臭いがないニンニクがあるのです。
そのニンニクがコレ。
↓↓
男性が子作りをするコツは「黒ニンニク」を食べて精力アップすること!

これはニンニクを発酵させた「黒ニンニク」です。

黒ニンニクは昔から東北地方に伝わる自然食品で、ニンニクの産地である青森県では普通に食べられている食材です。

黒ニンニクには、アリシンとスコルジニンという成分が豊富に含まれており、これらが精力アップに期待できると言われています。なお、黒ニンニクの効能について詳しく知りたい方はこちら『黒にんにく効能』をご覧ください。

今や黒ニンニクはとても有名な食材です。黒ニンニクは健康維持だけではなく、本来の効果である精力アップとして男性に使われております。その為、妊活や子作りに役立てられているのです。

最近では、黒ニンニク配合のソフトカプセルのようなものもありますが、しかし、個人的にお勧めなのが、姿そのままの黒ニンニクです。理由は、添加物が一切はいっていないから。つまり、姿そのままの黒ニンニクは、自然のままであり、身体に優しい黒ニンニクというわけです。

子作りをして、元気な赤ちゃんを生みたいなら、添加物が一切使われていないオーガニックな黒ニンニクを選ぶべきでしょう。食品添加物がはいったソフトカプセルよりも、自然のままの方が男性にとって健康にも良いし、赤ちゃんの健康にも良いということです。

オーガニックな自然の黒ニンニクは「黒ニンニクの効能」でご確認ください。

子作りのために精子の量を増やしたいなら、積極的に黒ニンニクを摂取しましょう。それが第一の子作りのコツでもあります。

もしも、ニンニクを直接食べることが苦手なら、黒ニンニクを料理として使う事も可能です。例えば、ペペロンチーノやオーガニックチャーハン、ステーキなど、黒ニンニクはいろいろと料理に使えますので、お勧めです。

コツ2,受け入れる女性の体の準備

子作りのコツは女性が葉酸を摂取して、妊娠しやすい身体になることです。

元気な精子を受け取っても、女性の体の準備が整っていなければ子作りがムダに終わってしまいます。最悪、流産って事にもなりかねません。これでは元気な赤ちゃんに恵まれないかもしれません。そうならない為にも、女性の方の身体も十分な準備をしておきましょう。

そこで、子作りコツとして第二に必要なのが『葉酸』を摂取することです。

葉酸は、妊活から出産までに必要な栄養素のひとつで、妊娠するための5大栄養素として医者からも勧められています。葉酸は、食事からの摂取が可能ですが、しかし、最近では食生活に不足とされ、摂取量も減っています。そのせいで、子作りをして実際に妊娠しても元気な赤ちゃんが産めないケースがでてきており、アメリカでは1990年代から葉酸の摂取を推奨してきました。

ここ日本でも2000年から厚労省が葉酸を推奨しはじめました。
厚労省は以下のように、

『妊娠を計画している女性に対して、妊娠前から葉酸400ugを摂取すること

として葉酸を推奨しております。

葉酸は、妊娠時の乱れやすい体調を整えてくれる唯一の栄養素であり、また胎児にも良い影響を与えるとして推奨されています。つまり葉酸は、妊活や出産にとても重要な栄養素であり、元気な赤ちゃんを産み為には必要不可欠な成分というわけです

なお、葉酸の種類はたくさんあるようですが、中でもお勧めなのがコレ。
↓↓
国産野菜の葉酸サプリ【Lara Republic(ララリパブリック)】

この葉酸は国産の野菜を使用しており、安全性も高く、粒状なので飲みやすく、持ち運びにも便利です。葉酸のソフトカプセルも世間では売られているようですが、それだとどうしても添加物が入ってしまうので妊娠前の身体にはおすすめできません。

しかし、葉酸が粒状であれば、野菜の粉末を打粒(粒をつくる工程)して固めているだけなので、不要な添加物は一切つかわれていないため安全なのです。

子作りをしたい女性には、粒上の葉酸がおすすめです。
↓↓
【Lara Republic(ララリパブリック)】



コツ3,タイミングで妊娠の確率を上げる

子作りのコツは排卵日に子作りするというタイミングが大事です。

子作りに良いタイミングとしてよく言われるのが『排卵日』での愛の営みです。

これは科学的に検証された正しい情報なのですが、しかし最近は、妊娠しにくい人も多いみたいです。

その主な理由は、排卵日に合わせてピンポイントでイチャイチャするからです。それだと回数が少ないし、結果的に妊娠する確率が低くなります。これでは何年たっても妊娠することは難しいでしょう。

妊娠の確率をあげる為の正しい子作りは、排卵日の愛の営みだけではなく、排卵日の前後3日間くらいからイチャイチャすると良いということです

なぜなら、人間の身体は正確には解らないからです。つまり、計算して出した排卵日も、正しい排卵日とはいえません。いくら数字で出されても人の身体は、その時の調子や具合によって変わることがあるのです。

もちろん、科学的には排卵日に精子が子宮に付着すれば妊娠します。しかし、その排卵日が計算だけでは正確にだせないということです。

なので、排卵日だけの愛の営みだけではなく、その前後3日間くらいのイチャイチャは必要でしょう。『数打ちゃあたる』ではないですが。ピンポイントでイチャイチャするよりも、排卵日の前後3日間でイチャイチャする方が妊娠する確率は高くなるということです。

因みに・・・、排卵日で子作りする時の注意点

子作りコツはムードのあるイチャイチャ

子作りをするからといって、排卵日だけでイチャイチャするのはもっての他です。なぜなら、男性は義務感で愛の営みをするのを好みません。そこに愛があるからこそ、イチャイチャもしたくなるわけです。男性を単なる子作りの道具としてみなしてしまっては、男性は萎えてくるでしょう。

子作りをして妊娠することが大切なのもわかりますが。ムードや気持ちの方は同じくらい大切なのです。子供ができても冷めた夫婦でいるよりは、いつまでの仲むつまじい夫婦の方がいいですよね。その辺も考えて女性は、子作りに励んでいきましょう。

子作りコツの根底にあるのは、男女の愛であること忘れないようにしてください。

究極の子作りのコツとは

子作りを諦めないのが究極の子作りのコツですよ!

究極の子作りのコツとは、子作りを諦めないことです。

子供は神様からの授かりものです。また子供は親を選んで生まれてくるともいいます。諦めの早い親よりも、諦めない親の方が生まれてくる子供も喜びますよね。

本当に子供が欲しいのなら、どんなに時間がかかっても焦らずに子作りをしていきましょう。

今回ご紹介した3つの子作りを実践すれば、妊娠も遠い話しではありません。なので、諦めずに頑張って子作りをしていきましょう。

さて、今回の子作りのコツをまとめますと。

  1. 男性は精子の量を増やす
  2. 女性は葉酸で妊娠しやすい身体をつくる
  3. 排卵日の前後3日間のタイミングで愛の営みをする

これらを妊活に実践して、是非、元気な赤ちゃんに巡り会いましょう。

SPONSORED LINK